婦人

プラセンタは摂取し続けることで効果を実感できる~美容成分情報局~

原材料の種類と注意点

サプリメント

摂取の仕方

胎盤から加工したプラセンタエキスは、注射、サプリメント、化粧品などに使われています。プラセンタ注射は医療行為なので、医師がいるクリニックだけでできます。人間の胎盤が原材料となっています。サプリメントや化粧品は、馬や豚などの動物のプラセンタを原材料として使っています。一時期は牛のプラセンタも沢山ありましたが、狂牛病が騒がれたあたりからほとんど見かけなくなりました。最も多いのが豚の胎盤から摂ったプラセンタエキスで、化粧水や美容液などの化粧品によく配合されています。馬のプラセンタエキスはサプリメントによく使われています。馬は寄生虫が住みづらく、もともと健康な動物なので、プラセンタも上質なものが採取できます。

品質から選ぶこと

プラセンタを自己判断で摂取する場合は、品質を事前にチェックすることが大切です。サプリメントでも化粧品でも、原材料を確認することは基本中の基本です。中にはただ「馬」や「豚」とだけ記載しているサプリメントもあります。馬や豚にも種類があり、特に豚は薬剤を打っている可能性があるので品質の面で不安が残ります。品種や飼育環境、製造方法などをわかりやすく開示してあるサプリメントのほうが安心して摂取できます。ただの豚よりもSPF豚のほうが品質がしっかりしています。馬は豚よりも品質がいいですが、血統のいいサラブレッドであればさらに安心です。サプリメントは長期間毎日摂取するものです。できる限り安全なものを選ぶことをおすすめします。